コルクは再生する天然素材

コルクとは、コルク樫の木の表面から剥ぎ取った樹皮のことで、
8から10年ほどで、樹皮はまた再生します。

コルクが再生するまでのサイクル

イメージで言うと、羊の毛を刈り取るのと同じ。羊毛はまた生えてきますよね。
コルク樫の寿命は、150から200年。その間に、15回から18回ほどコルクの樹皮が採取されます。

伐採せずに資源をくり返し採取できるので、周辺環境を悪化させることなく、やさしい森林資源として重宝されています。

【生息地】
コルク樫は、地中海沿岸や中国地区に生息。(ポルトガル、スペイン、フランス、アフリカ等)
コルクは生命力が強い木で、約9年ごとに再生、資源を収穫できる木です。

カテゴリー: コルクについて